Skip to content

限度額50万円以上で収入証明書が必要な金融業

金融企業から、お金を借りるに当たって、自分の事を明かさないで借りる事は不可能です。必ず身分証明書類が必要になります。

この身分証明書類は審査の時に確認出来るものとして、世の中の全ての金融企業が借入するのに必要な書類として挙げています。

そして、身分証明書類以外には、収入証明書類が必要な人も居ます。これは、借入する金額の限度額が50万円を超えた場合に、必ず必要な書類となって来るでしょう。

初めて1社の金融企業で借入する人は、50万円を超えた金額なら、必ず必要となって来るのです。

この限度額が50万以上の場合に収入証明書類が必要となる金融企業と言うのは、消費者金融業などの、賃金業者となります。

賃金業者は、法律である総量規制の対象となるので、そのような書類が必要となるのです。金融企業でも、銀行であれば、総量規制の対象とはならないので、50万円を超えた借入でも収入証明書は必要とはされません。

銀行は、100万以上、200万以上、300万以上など、それぞれの銀行独自の設定で、収入証明書類を必要な書類として挙げています。

だから限度額が50万円以上の借入の場合には、収入証明書が必要な金融企業と、そうでない金融企業とありますので、借りる先に応じて準備すると良いでしょう。

会社に所属しているということが分かる書類で在籍確認を認めてもらう。

どんな問題を考えるときにも、その利点となるものが大切です。たとえば、カードローンやキャッシングを利用するときにも、まず利点となるサービスを見て決めること。これが肝心なのですね。いまどき、銀行でも消費者金融でも、借り入れできるところはたくさんありますから。

よくカードローンやキャッシングで、在籍確認、という項目を目にすることがあります。これは確かにお金を借りる上では必要な確認でしょう。でも、人によっては借金をしようとしていることが会社にバレるとまずいということもありますね。会社によってはものすごく厳しいところもありますから。

そういうときは、この在籍確認をしないところを選べばいいわけです。これはどういうことかと言えば、会社に所属しているということが分かる書類、いろいろありますね。社員証、源泉徴収票、会社の健康保険証などを提出することで、在籍確認を認めてくれる金融会社を探せばいいのです。今はけっこうあります。

こういうカードローンやキャッシングを使えば、会社に金融会社から直接電話がかかってくることはありません。今どきの金融会社では、こうした点にも充分な配慮がなされているのですね。

これはなにも悪い事をしているという気持ちを感じる必要はないのです。ただ、やっぱり世間体という問題に過ぎませんから。

パート、アルバイトでもキャッシング審査通りました!

キャッシングをしたいけれど、パートやアルバイト勤務で、審査が通らないんじゃないかと心配な方も多いと思います。

けれど、安心してください。

一定条件さえ満たしていれば、パートやアルバイトなどの非正規雇用でも審査を通ることができます。

例えば、まず、家族が正社員で月々の収入が安定している場合です。

この場合は、本人にあまり収入がなくても、ご家族の収入があるので、貸しても返すことができるだろうと判断されるので、最も審査を通りやすいです。

ご家族で定職についている人が一人でもいれば、まず問題ないでしょう。

次に、ご自身が長期間同じ職場でパート、アルバイトで働いている場合も審査条件に当てはまります。

これは本人に安定して収入がある目安として見てもらえるので、審査に通る事が可能です。筆者にも経験がありますが、半年以上の勤続実績があればまず大丈夫でしょう。

他にも、長く使っている銀行のキャッシングサービスに申し込むときなど、与信が既についている場合には、銀行のATMから簡単に申し込むだけで審査を通ります。

審査があると聞くと難しく考えられがちですが、パートやアルバイトでも意外とすんなりキャッシング審査は通り抜けられます。