Category Archives: 未分類

お金に困ったときの行動

お金に困ったときにやるべき行動はお金どう都合するかである。一番いいのはもちろん仕事をしてその給料を手に入れることである。

しかし、それではお金が必要な時に間に合わないと困ってしまう。そんな時にいいのが自分の持っているものを売ることである。

この方法は大きく分けて2つある。1つ目はリサイクルショップなどに売りに行くことである。2つ目はネットオークションで自分で売ることである。

1つ目の方法ではすぐにお金が手に入るが相手の言い値であるため自分が希望していた金額まで届かないかもしれない。

リサイクルショップや古本などに持っていくときはできるだけ持っていくものはきれいにして少しでも査定額が高くなるように努力するべきである。

また、案外リサイクルショップなどは店によって全然査定の仕方や金額が違うためできるだけ多くのお店に回って高い査定額のところで売るべきである。

案外こんなものは売れないと思われるものが売れたりするのでいらないものは何でも持って行ってみるのもいいだろう。

2つ目の方法は自分の言い値から始められるので最低限の金額が得られやすい。しかし、残念ながら買い手がつかないこともあるし、いつ売れるかもわからないというデメリットもある。

なので時間に余裕があるときのみ有効であるといえる。

これらを駆使しお金を得てください。即日キャッシング 無審査

最近の国内GDPの数値に関する考察

4月から6月の期間の国内GDPに関して、年率に換算すると最大で2%のマイナス成長が見込まれています。政府の見通しでは景気は順調に回復していることを発表したが、GDPの数値と現状の景気の判断が噛み合っていない状態です。

マイナス成長の要因として、消費税増税や物価高の影響などが考えられています。消費税増税や物価高を引きずりながら、本質的に言えば数値から見ると、日本経済は劇的に良くなっていないです。

経済の指標は国が判断して発表していますが、前期よりも経済が萎縮しているという事の表れである事が現実です。

賃金の面では徐々に上がっている様子ですが、全体的には国民の生活は苦しくなっているが現状です。GDPのマイナス成長によって、追加の金融緩和を行う可能性もあります。経済の面で重要なのは、7月から9月の期間のGDPの数値で、今年の夏は猛暑などの影響で家電製品やビールなどの売れ行きが順調である見込みで、プラス成長を見込んでいるエコノミストも多いです。

家計が安心できるようにGDPを回復するためには、地方が活性化する事とアベノミクスの第3の矢が本格的に稼動する事です。第3の矢を唱えてから、新しい産業などが見つけ出せていない事で、GDPの数値に影響しています。
確実に審査に通りたいのであれば総量規制対象外カードローンに審査を申し込むのが一番ベスト!

このまま決まりそうな安保法案

安保法案によって戦争ができる国になるという反対派の意見を無視して自民党多数のために法案が通ってしまいそうな状況です。現実的には戦争どうこうというよりもアメリカ政府と日本の安倍政権の政治的なやりとりでそのような方向になってしまっているということの方が問題があるように思います。安倍政権がアメリカ政府の要望にあうようによりそったというこのような動きがどうかというふうに私は見てみます。アメリカの力が世界的に見てそれほど強くなくなっているというのは自他共に認めているところでありますが、日本だけはいつまでもアメリカの力は強大であるというところから抜け出せずにいるのではと感じます。日本は確かにアメリカの傘下にあるといわれても仕方のない状況ですが、今一歩、さらに独立した立場の道を模索していくということを考え直してもいいのではないかと思います。スイスのようにすぐに永世中立国という立場にならなくても、世界紛争に関して客観的に一歩離れた立場の国を目指す方向に行けばこのような安保法案についてまた違う見方ができるのではないかと思います。現状であれば国民が反対しても外交政策として自民党が多数なら決定してしまうことは避けられない状況です。カードローン在籍確認

暑すぎる日は夜型生活で節約できる

太陽の日差しが強すぎて室内温度が急上昇してしまう日には、往々にしてエアコンの電源をオンにしたくなります。生命活動を適切に維持させるために必要なこととはいえ、一日に何時間もエアコンを使っている日が続くと、電気代金が跳ね上がってしまいます。昼型生活をする必要がない場合、私は夜型生活をするように心がけています。その結果、暑い日が続く季節でも電気料金が春や秋と変わらなくなるのです。

夜型生活にシフトするのは、室内を明るくさせるために蛍光灯に電気を流し込む必要があることを意味します。そこで発生する電気代金を節約する術はありませんが、昼間にエアコンを使い続ける場合と比べれば大きな節約につながります。六畳間をエアコンで冷やす際に必要な電気料金は、少なく見積もっても一時間あたり数十円です。その一方、蛍光灯に電気を流し続ける場合は一時間あたりの電気料金は1円未満になることが多くあります。両者を比較すると、一ヶ月後にかかる電気料金に差が生じるのは明らかです。

暑い日に夜型生活すれば、医療費の節約にもなります。昼間に無理をして活動していると、熱中症に悩まされることもあるからです。夜型生活であれば、熱中症の危険性は低くなります。主婦キャッシング

我が家の節約はコツコツと笑顔で

毎日、コツコツ節約しているけど、主人のお給料だけでは厳しいと思うことも多いです。小さい子供がいるとなかなか働きにいけないので、電気代や食費などは常に意識しながら節約しています。最近とても暑いので、エアコンと扇風機を併用しながら涼んでいます。自分だけなら扇風機だけを使うけど、子供は熱中症にかかりやすいと聞くし、エアコンを使っています。スーパーで特売の時にまとめ買いをして、調理して冷凍すると、無駄なく使えてお金に優しい気がします。冷凍保存はよくしていて、小分けしておくと少しだけ使いたい時にも便利だし、買い物に行く頻度が減っていいです。いろんなことを本やネットで調べながら、どれが一番お得なのかを勉強する毎日。時に、必死で激安の野菜を詰めていると、虚しくなることもあります。でも出費が減っていたら、やっぱり嬉しいしやりがいを感じます。少しずつ貯めたお金は子供たちの教育費に使うと思います。時々は息抜きもしながらやっています。ストレスがたまってしまうと、免疫力が下がって体調を崩してしまうかもしれません。病院代は思いのほか高いので、健康を維持していくことが、節約にとって大事だと思います。家族が笑顔で過ごせるように、楽しく節約したいです。総量規制対象外カードローン

ルパン三世新シリーズで新キャラ登場

約三十年ぶりにルパン三世の新シリーズアニメの放送が決まりました。ルパン三世は映画やスペシャルアニメが放送されていると必ず見るほどの大ファンであり、同じ話も何度も見た記憶があります。

ルパン三世のアニメが放送されていたときはまだ生まれていなかったため、リアルタイムでルパン三世のアニメを見たことはありません。そのため新シリーズの放送が楽しみで仕方ありません。

新たな女性キャラクターも登場するようで、なんと一話目でルパン三世と結婚式を挙げるそうなのです。どういう経緯で結婚することになったのか、新キャラクターは何者なのかいろいろと気になる要素が満載です。

峰不二子のように男を手玉に取るようなキャラクターなのか、それとも男慣れしていないキャラクターなのかどちらでしょう。男を手玉に取るだと峰不二子と被ってしまうので違うとは思いますが、どのように違うのかが楽しみです。

またルパン三世とどのような関係になっていくかも気になります。ルパン三世を取り合って、峰不二子と修羅場になるとかだったら面白そうです。

レギュラーキャラは関係性が出来上がっているので、新キャラがそこに馴染めるのかという思いもあります。新たなキャラがルパン三世に良い変化をもたらしてくれたらなと思います。キャッシング主婦

消費税がいずれは10%に引き上げられることについて

私達にとって、消費税はいつの間にか当たり前の税金となってきました。最初は3%から始まり、5%、そして2014年4月1日からは8%に増税されました。8%に増税されたのはつい最近のことなのに、もうすでに8%に慣れてきてしまっています。増税される直前には、かなり負担を感じてはいたものの、いざ増税されて月日が流れてしまえば、当たり前感覚になってしまうのです。ある意味この麻痺感は怖いと感じています。バンクイックなら専業主婦でも借入可能です!

そして、いずれは10%に引き上げられるでしょう。当初は、2015年10月との意見もありましたが、景気の動向に合わせて見送られました。結局、1年半の先送りとなり2017年4月に増税されることが決定しました。

正直、増税には反対です。どう考えても、政府は無駄遣いが多いような気がします。最近では議員の不正受給などの事件でもわかるように、いかに政治家が私腹を肥やしているかが分かりました。国の借金が膨れ上がっているのも知っています。ですが、だからと言って手っ取り早く国民からその穴埋めをさせる税金を徴収する前に、もっと国の無駄遣いを減らしてから、増税してもいいのではないかと思います。

しかし残念ながら、いずれは10%に上がるのは確実となっています。さらに負担が増えることになり、生活は成り立って行くのかが不安です。我が家のような一般家庭では、増税されることによってますます節約を強化していかなければいけないと感じています。

年収の1/3以上の借り入れをしたい時は

現在は改正貸金業法により、総量規制というものがあります。

これは年収の1/3以上の借り入れは出来ないという新しいルールで、消費者金融で借り入れる際には一つの基準となっています。

元々借主である消費者を守るために作られた法律ですが、時と場合によってはこの1/3以上の資金を必要とすることもありますね。

そういった時にはどうしたらいいのでしょう。

使途の決まったカードローンを利用するという方法があります。使途の決まったカードローンといえば、住宅ローン、自動車ローン、教育ローンですね。

ですがそれ以外でお金が必要だという時は、総量規制対象外の業者で借り入れるという方法があります。

この対象外になっている業者といえば、銀行のカードローンです。

銀行での借入はこの貸金業法の規制対象外ですので、年収の1/3を超えてお金を借りることができます。

銀行のカードローンを利用すれば、大口の貸し出しにも対応していますし、消費者金融と比べても金利が安くお得に借りることが出来ます。

銀行系カードローンは、消費者金融より若干審査も厳しくなっていますが、まとまった資金を必要としている場合には、とても有難いですね。

返済や借り入れの手続きも、その銀行に口座を持っているとスムーズに手続きが進みます。