Daily Archives: 2017年7月13日

5月10日に厚生労働省がブラック企業を公表しました

5月10日、違法な長時間労働や、残業代を支払わないなどの行為を行っているブラック企業334件について、厚生労働省がホームページ上で実名を公表しました。政府としては英断と呼ぶべき行為だと思います。

しかし、一方ではブラック企業と呼ばれる企業が約300社ということは、考えにくいと思われます。実態は、もっとはるかに多いと思われます。組織のなかでは、違法行為ではないが社員を不愉快にさせる行為が日常茶飯事に行われます。とくに合理的思考を持つよりも、年功序列を重んじる日本人社会においては、年齢が上というだけで、若い社員に対して不合理な指示をくだしたり、振る舞いをする傾向が目立ちます。このため不合理な長時間労働をいまだに美徳と考える社員が多数存在し、実際に長時間労働が行われているのが実態だと思われます。

また、企業における人事においても、あえて優秀な社員を昇進させずに、社長や上司に対して忠誠心が強い社員を優先的に昇進させる会社さえ存在します。そして仕事のできる優秀な社員を冷遇したまま、仕事の面ではフル稼働させるのです。

日本企業において最優先で解決すべき点は、不合理な思考を排除し、合理的な思考のもとで会社を経営していくことだと考えます。合理的に考えれば、優秀な社員が管理職に昇進していくことになりますし、仕事のできない年配の社員が偉そうな態度を社内でとることもできなくなります。そして長時間労働は減少し、合理的に働くことによって定時で帰宅できることにつながります。

社内慣行の基準を「合理性」という観点におけば、社員が伸び伸びと働くことができると思われます。カードローン 比較