消費税がいずれは10%に引き上げられることについて

私達にとって、消費税はいつの間にか当たり前の税金となってきました。最初は3%から始まり、5%、そして2014年4月1日からは8%に増税されました。8%に増税されたのはつい最近のことなのに、もうすでに8%に慣れてきてしまっています。増税される直前には、かなり負担を感じてはいたものの、いざ増税されて月日が流れてしまえば、当たり前感覚になってしまうのです。ある意味この麻痺感は怖いと感じています。バンクイックなら専業主婦でも借入可能です!

そして、いずれは10%に引き上げられるでしょう。当初は、2015年10月との意見もありましたが、景気の動向に合わせて見送られました。結局、1年半の先送りとなり2017年4月に増税されることが決定しました。

正直、増税には反対です。どう考えても、政府は無駄遣いが多いような気がします。最近では議員の不正受給などの事件でもわかるように、いかに政治家が私腹を肥やしているかが分かりました。国の借金が膨れ上がっているのも知っています。ですが、だからと言って手っ取り早く国民からその穴埋めをさせる税金を徴収する前に、もっと国の無駄遣いを減らしてから、増税してもいいのではないかと思います。

しかし残念ながら、いずれは10%に上がるのは確実となっています。さらに負担が増えることになり、生活は成り立って行くのかが不安です。我が家のような一般家庭では、増税されることによってますます節約を強化していかなければいけないと感じています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>