最近の国内GDPの数値に関する考察

4月から6月の期間の国内GDPに関して、年率に換算すると最大で2%のマイナス成長が見込まれています。政府の見通しでは景気は順調に回復していることを発表したが、GDPの数値と現状の景気の判断が噛み合っていない状態です。

マイナス成長の要因として、消費税増税や物価高の影響などが考えられています。消費税増税や物価高を引きずりながら、本質的に言えば数値から見ると、日本経済は劇的に良くなっていないです。

経済の指標は国が判断して発表していますが、前期よりも経済が萎縮しているという事の表れである事が現実です。

賃金の面では徐々に上がっている様子ですが、全体的には国民の生活は苦しくなっているが現状です。GDPのマイナス成長によって、追加の金融緩和を行う可能性もあります。経済の面で重要なのは、7月から9月の期間のGDPの数値で、今年の夏は猛暑などの影響で家電製品やビールなどの売れ行きが順調である見込みで、プラス成長を見込んでいるエコノミストも多いです。

家計が安心できるようにGDPを回復するためには、地方が活性化する事とアベノミクスの第3の矢が本格的に稼動する事です。第3の矢を唱えてから、新しい産業などが見つけ出せていない事で、GDPの数値に影響しています。
確実に審査に通りたいのであれば総量規制対象外カードローンに審査を申し込むのが一番ベスト!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>