暑すぎる日は夜型生活で節約できる

太陽の日差しが強すぎて室内温度が急上昇してしまう日には、往々にしてエアコンの電源をオンにしたくなります。生命活動を適切に維持させるために必要なこととはいえ、一日に何時間もエアコンを使っている日が続くと、電気代金が跳ね上がってしまいます。昼型生活をする必要がない場合、私は夜型生活をするように心がけています。その結果、暑い日が続く季節でも電気料金が春や秋と変わらなくなるのです。

夜型生活にシフトするのは、室内を明るくさせるために蛍光灯に電気を流し込む必要があることを意味します。そこで発生する電気代金を節約する術はありませんが、昼間にエアコンを使い続ける場合と比べれば大きな節約につながります。六畳間をエアコンで冷やす際に必要な電気料金は、少なく見積もっても一時間あたり数十円です。その一方、蛍光灯に電気を流し続ける場合は一時間あたりの電気料金は1円未満になることが多くあります。両者を比較すると、一ヶ月後にかかる電気料金に差が生じるのは明らかです。

暑い日に夜型生活すれば、医療費の節約にもなります。昼間に無理をして活動していると、熱中症に悩まされることもあるからです。夜型生活であれば、熱中症の危険性は低くなります。主婦キャッシング

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>