アフリカに住んでわかった「金欠」

私はアフリカのトーゴに在住中です。縁があって、まさに現地の人!と生活を共にしていますが、こちらの給料は3万あればいい方です。

物価も安いということもありますが、

厳選してものを買います。

日本で生活していると、「思い込み」によってちょっとしたものにもお金をかけていることに気づいてしまいました。

例えばこちらでは「石鹸」で、髪も洗うわ、食器も洗うわ、服も洗う。

日本は、「別々で当然」と思うからお金がかかるんです。

毎日服を洗う?自分さえ不快じゃなければ服だって毎日洗わなくていいんです。最初はうげっと思いました。でも人は慣れるのです。

ベッドに、食器、トイレ、バス、扇風機、ガスコンロ、石鹸、歯磨き粉、トイレットペーパー、あと現地の食べ物で私は生きています。

そうかんがえていくと、実は「金欠」なんて、ほぼ日本には存在しないのじゃないかと思ったのです。

だから私は提案したい。「うわーお金がない」と思った月こそ「何かを捨てる月」

1人で長い旅行に行くつもりで、本当にいるものを厳選してみる。

本当に必要なものに揃えた後に、

捨ててしまう予定のものに目を向けてみれば。

「あれ?ないと思っていたけどこんなにあったんだ。」と感動すら覚えるかもしれません。消費者金融 アロー 審査

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>