いかに少ない食材で腹いっぱい食べるかが節約の鍵

どんなにお金が無くてもお腹はすくものです。

自分ひとりだったら、ボンビーガールのように、ご飯だけとか、お菓子だけという風に乗り切ることが出来るかもしれませんが家族がいたら家族にも食べさせていかなければいけません。

毎月給料日前1週間は本当に戦争のようにシビアなやりくりになります。

私の場合は、大根の皮とか、人参の皮をいつもこの戦いの日に備えてとっておきます。

双方とも冷凍しておきます。

そして給料日前一週間にはそれをみじん切りにしてスープに入れます。

人参と大根の皮にたまねぎを少し入れて、めんつゆ(つゆの素)で味をつけ、ごま油を少し回します。

そして卵一個をよくといて、水溶き片栗粉と絡めてかき卵スープにするのです。

卵が入っていることで食べた感もアップしますし、とろみがついているので腹もちもよいです。

さらに大根と人参の皮をみじん切りにしてご飯と混ぜてさらにそれをお好み焼きの種の中に入れて「ご飯入り野菜入りお好み焼きを」を作ります。

少ないご飯でもお腹をいっぱいにさせる裏技です。

冷凍している食材があればそれももちろん使いますが、弁当のおかずなどではあまり恥ずかしい思いはさせたくないので、冷凍お惣菜は弁当に使うことにして、夕食のメインにはよく魚肉ソーセージを使います。

魚肉ソーセージを斜めに薄く切って、天ぷらにします。

揚がった天ぷらをもう一度衣にくぐらせてもう一度揚げます。さらにもう一度衣にくぐらせてもう一度揚げます。

不思議なことに魚肉ソーセージは揚げるとふわふわに膨れるのですが、何度も揚げると膨れたのにふわふわと言うよりは比較的しっかりとした味付けになるのです。

さらに脂っこくなく、食感がしっかりした天ぷらになるので、このまま塩で食べても大満足。

甘酢や和風照り焼きのタレで絡めても美味しいです。ケチャップで絡めても美味しいです。

魚肉ソーセージは腐らない食品なので、安いときに購入して酢得しておけば、これ以上お金を使えないときの非常食に大変助かります。

4本とか5本で198円とか188円とかですが、これで4日乗り越えることが出来るのです。来店不要 カードローン

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>